手燭、燭台、灯台、花器など、鍛冶職人が一点一点手作業で造る、あかり工芸。贈り物にオリジナルオーダー。鍛冶工房弘光

鍛冶工房弘光 : 出雲の手仕事 あかり工房 : 島根県ふるさと伝統工芸品指定。島根県優秀専門技能者認定
トップページへ戻るイベント案内メディア実績工房職人の紹介ご注文の流れ・お支払方法お問い合せ
商品一覧 手燭(てしょく)
灯台(あかいだい)
燭台(しょくだい)
行灯(あんどん)
花器(かき)
その他・鍛造品
工房案内・アクセス
特定商取引法の表記
プライバシーポリシー
鍛冶工房弘光
〒692-0623
島根県安来市
広瀬町布部1168-8
TEL:0854-36-0026
FAX:0854-36-0037
鍛冶工房弘光トップページ>>工房・職人の紹介

工房・職人の紹介

あかり工芸 鍛冶工房弘光

出雲地方東部は古くから和鉄の産地として名高く、鍛冶職人の技術が磨かれてきました。

雲州弘光(現:鍛冶工房弘光)は江戸時代(天保年間)のたたら操業から鍛冶業を営み、打刃物、小農器具、生活用具に加え刀剣鍛錬の道に励みました。

後に「備前伝福岡一文字の重花丁字乱れ」の奥義を極め、最高位の「国工院大宗匠」の称号を拝受しました。

以降、刀剣鍛錬を受け継ぐ一方、玉鋼、和鉄、鉄による工芸品の新作に取り組み鍛造技術の保存、鉄工芸の美を守り出雲の鉄文明・技術を継承しています。

最近数多く見られる造形を売りにする安易な民芸ブームにのらず、溶接による接合や機械加工を極力避け、昔日さながらの技法を受け継いで1点1点、心を込めて造り上げています。

時の流れとともに風合いを変えていく弘光鍛造の作品は、「本物」を求める皆様にきっと御満足いただけるものと存じます。

神話と和鉄のふるさと尼子の里で、日本刀鍛錬の技を生かし日本古来の鐵によるあかり器具の復元と移りゆく現代の暮らしに美と用のしつらえを提案する創作あかり工芸をめざします。

 

※最近当工房の作品のデザイン、仕様を利用した類似品が見られます。十分ご注意ください。

 

小藤洋也

昭和17年 島根県生まれ
昭和36年 鍛冶業、刀匠修行に入る (昭和48年刀匠資格得)
昭和53年 日本美術刀剣保存協会新作刀展初入選
昭和60年 島根県ふるさと伝統工芸品指定
平成5年 島根県優秀専門技能者認定
平成9年 全国伝統的工芸品コンクール入賞・推奨品認定

   

小藤宗相

昭和45年 島根県生まれ
平成23年 島根県優秀専門技能者認定

 

信州大学経済学部卒業後、都内の企業、県内の美術館勤務を経て本格的に家業に入る。伝統の継承に加え、和にも洋にも合う新たなスタイルの作品づくりにも励む。その斬新なデザインは女性誌などでも数多く取り上げられている。

   

柘植由貴

昭和50年 島根県生まれ
平成20年 「島根県ふるさと伝統工芸品」技術後継者表彰

 

倉敷市立短期大学服飾美術学科卒業後、帰郷。父に弟子入りし、兄と共に鍛造作品の製作に励む。女性ならではの鍛造作品は優しく柔らかなつくりと繊細な仕上げが特徴。

 

この度「鍛冶工房弘光」のホームページをオープンする運びとなりました。
どうぞ、よろしくお願い申し上げます。

お求めになりたい商品がございましたら、お手数ですが下記の番号まで
電話かFAX、メールにてお問合せ下さい。

HP上に掲載品以外にも多数の作品がございます。
またオーダーにも対応させていただいておりますので、どうぞお気軽にお問い合わせください。
(記念品、プレゼント等の包装、名入れも承ります。)

※FAX注文票を【ご注文の流れ】に用意致しました。

電話 0854-36-0026

FAX 0854-360037

mail kotoch77@yahoo.co.jp

 

▲ このページのトップへ戻る

手燭、燭台、灯台、花器など、鍛冶職人が一点一点手作業で造る、あかり工芸。贈り物にオリジナルオーダー。鍛冶工房弘光

鍛冶工房弘光 〒692-0623 島根県安来市広瀬町布部1168-8 TEL:0854-36-0026/FAX:0854-36-0037

Copyright(C) 2009 Kajikobo HIROMITSU all rights reserved.