鍛冶工房弘光

0
¥0

現在カート内に商品はございません。

鍛冶工房弘光についてAbout KAJIKOBO HIROMITSU

Will

中世のたたら操業に見られる日本の鉄文化の源流、島根県東部地方で、
雲州弘光(現 鍛冶工房弘光)はその歴史と技術を十代にわたり継承してまいりました。

[弘光]の銘を拝する日本刀鍛錬の技法を今にいかした作品は、
重厚でありながら繊細さ、緻密さを併せ持っています。
昨今ほとんどの鉄製品がプレスや機械加工を施したものが占めるなか、
その対極である木炭による鍛造にこだわり続けること、
接合も安易な溶接に頼らない昔ながらの“かしめ留め”によって仕上げることなど、
細部にわたるこだわりが他に類のない特徴です。

職人の手で丁寧に一点一点造り上げるため、鉄の地肌には柔らかな鎚跡が残り、
作品ごとに異なるその風合いは時の流れとともに、その表情を豊かに変えていきます。

昭和50年代から古来の鉄の灯り器具の復元と新たな作品の製作に取り組むとともに、
行灯、花器、火廻り品のほか、置き・吊り風鈴、ランプシェード、シンプルなオブジェ等、
和・洋を問わず現代の暮らしのしつらえの道具としての鉄製品をデザイン、製作しています。

また、古来の作品の複製・修理・オリジナルオーダー品の製作にも
一点から対応させていただき、全国からのご依頼も多数ございます。
ここ数年はパリで開催されていますプロダクトの最高峰の展示会
「メゾン・エ・オブジェ」に続けて出展したことで、
国内だけでなく海外からも問い合わせと評価を頂戴し、作風も多岐にわたっております。

神話と和鉄のふるさとで、代々昔日さながらに鎚打ち鉄と向き合ってまいりました。
本来冷たいはずの鉄から感じるぬくもりと親しさ。どうぞ日々の暮らしにお加えください。

In the eastern part of Shimane Prefecture, Unshu Hiromitsu (currently the blacksmith workshop Hiromitsu) had inherited its history and technology for teens and expected it. The works that have made use of the technique of Japanese sword training that admires Hiromitsu's name are both heavy and delicate. While most of the steel products have been pressed or machined recently, details such as continuing to stick to forging with charcoal, which is the opposite electrode, and finishing with traditional “caulking” that does not rely on easy welding. This commitment is a unique feature. To make it carefully one by one by the hands of craftsmen, a soft trace remains on the iron surface, and the texture that varies from work to work will change its expression with the passage of time. Worked on restoration of old iron lighting fixtures and production of new works since the Showa 50s, as well as row lights, flower vases, fireworks, place / hanging wind chimes, lamp shades, simple objects, etc. I design and manufacture iron products as preparation tools for modern life. In addition, we can handle the reproduction, repair, and original ordering of old works from one point, and we have many requests from all over the country. In the last few years, exhibiting at the highest product exhibition “Maison et Objet” held in Paris, we have received inquiries and evaluations not only from within Japan but also from overseas, with a wide variety of styles. We are In mythology and the hometown of Japanese iron, I have faced hammered iron for a long time. The warmth and friendliness of iron that should be cold. Please add to your daily life.

工房・職人についてBlacksmith studio / Astisan

Skill

1つ1つ職人の手作業による打ち出し

Launch by hand by one craftsman

熱した鉄を鎚で叩いて成形する「鍛造」という技法は、「鉄は熱いうちに打て」という言葉があるように、硬い鉄も赤く熱することで柔らかくなり、鎚で叩いて形を変えていきます。溶接による接合や機械での加工は極力避け、昔ながらの技法にこだわる鍛冶工房弘光の作品は、1つ1つ職人が鉄を叩いて、機械では決して生み出すことのできない、温かみのある表現が魅力。

The technique of forging, in which hot iron is beaten with a hammer, is shaped by striking it with a hammer, as hard iron is heated red as the word “iron is hot”. I will change it. The work of Kouji Kobo Hiromitsu, who sticks to traditional techniques and avoids welding and machining by welding as much as possible, is attractive for the warm expression that a craftsman hits the iron one by one and can never produce with a machine.

  • 鍛冶工房 弘光について
  • 鍛冶工房 弘光について
  • 鍛冶工房 弘光について

History

過去から現在へ 現在から未来へ

Past to present, present to future

江戸・天保の時代(1830〜1844年)から、たたら製鉄業、鍛冶業を営み、いまも出雲伝統の鉄加工を継承している。 包丁やはさみ、農耕具の製造・修理を担う鍛冶職人は、人々の暮らしに欠かせない存在としてかつては全国各地にあったが、戦後農林業や生活形態の変化により徐々に姿を消していった。
しかし、鍛冶工房弘光では昔ながらの技術を継承しながらも、現代の生活に寄り添えるものを、という思いから、手燭や灯台、燭台などのあかりや、花器などの工芸品・インテリアの創作に取り組んでいる。
つくるものは時代に沿って変わっても、熱した鉄を鎚で丹念に打って不純物を除いていく伝統の技法は変わらない。

Since the Edo-Tempo era (1830-1844), he has been engaged in iron and steelmaking and blacksmithing, and still inherits traditional Izumo iron processing. Blacksmiths who are responsible for manufacturing and repairing knives, scissors, and farm tools were once found throughout the country as an indispensable part of people's lives, but gradually disappeared due to changes in agriculture and forestry and lifestyles after the war. However, at the blacksmith workshop Hiromitsu, while inheriting the old-fashioned technology, working on the creation of crafts and interiors such as candles, lighthouses, candlesticks, flowers, vases, etc. Even if what you make changes with the times, the traditional technique of removing hot impurities with hot water will not change.

  • 鍛冶工房 弘光について
  • 鍛冶工房 弘光について
  • 鍛冶工房 弘光について

Usage

使ってこそ味わいを増す

Long lifetime maturing

鍛冶工房弘光で創り出される作品は、シンプルでありながら、繊細で、眺めているだけでうっとりするような美しさをもつ作品が数多くあります。
火を灯すと、ろうそくのゆらめくやさしい炎と美しいフォルムの作品達が極上の癒しへ誘います。

The works created in the blacksmith workshop Hiromitsu are simple but delicate, and there are many works that have the beauty of being enchanted just by looking at them. When you turn on the fire, the candle's sparkling gentle flames and beautiful form works invite you to the ultimate healing.

職人

Craftsmen

小藤 洋也Hironari Koto

昭和17年 島根県生まれ
昭和36年 鍛冶業、刀匠修行に入る (昭和48年刀匠資格得)
昭和53年 日本美術刀剣保存協会新作刀展初入選
昭和60年 島根県ふるさと伝統工芸品指定
平成5年 島根県優秀専門技能者認定
平成9年 全国伝統的工芸品コンクール入賞・推奨品認定

小藤 宗相Shusuke Koto

昭和45年 島根県生まれ
平成23年 島根県優秀専門技能者認定

信州大学経済学部卒業後、都内の企業、県内の美術館勤務を経て本格的に家業に入る。伝統の継承に加え、和にも洋にも合う新たなスタイルの作品づくりにも励む。その斬新なデザインは女性誌などでも数多く取り上げられている。

柘植 由貴Yuuki Tsuge

昭和50年 島根県生まれ
平成20年 「島根県ふるさと伝統工芸品」技術後継者表彰

倉敷市立短期大学服飾美術学科卒業後、帰郷。父に弟子入りし、兄と共に鍛造作品の製作に励む。女性ならではの鍛造作品は優しく柔らかなつくりと繊細な仕上げが特徴。

ページトップへ